リースブローチの作り方 立体ビーズモチーフ

スポンサーリンク
モチーフ以外のアクセサリー
スポンサーリンク

リースブローチ

クリスマスリースやナチュラルなリース。

出来上がりを想像しながら作るのは、とてもワクワクします。

色んな飾り付けをしながら、個性的で可愛いリースのブローチを作ってみて下さい。

 

材料

リース型のブローチ台 1

パール 適量

刺繍糸 適量

テグス 適量

 

作り方

レシピはnoteにて無料ダウンロード可能 → note

ブローチ台はリース型であれば、金具のカラーやサイズは選びません。

好きなタイプで制作してみて下さい。

シャワー台(穴が沢山空いているパーツ)に、テグスで飾り付けて行きます。

まずはテグスを100㎝くらいでカットします。

まずは大きなパールから飾り付けていきましょう。

1つめのパールをテグスに通し、シャワー台に配置し、裏で結んで固定します。

その後は、バランスを見ながらパールを編みつけます。

パールを編みつけた後、隙間を刺繍糸で埋めて行きます。

もみの木の様な雰囲気を出すなら、4本どりの刺繍糸を玉止めの要領で飾って行きます。

針に刺繍糸を3~5回巻き付け、シャワー台の穴へと針を引き抜きます。

巻き付ける回数が多ければ多いほど長くなります。

ナチュラルなふわふわしたモスを表現する場合は、1本どりの刺繍糸を手の平でもじゃもじゃにしたものを、所々縫い付けて行きます。

最後にバランスを見ながら、糸をほぐして雰囲気を出してみて下さい。

キイチゴみたいな赤い粒々は、小さなパールで作ります。

4粒ビーズボールを参考に作ってみて下さい。

 

他にも、パールでは無く、色んな形のチャームを飾ってみたり、スワロフスキーを飾ってキラキラにしてみたり。

アイデア次第で可愛いリースが無限に作れます。

クリスマスのプレゼントにもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました