作品紹介 犬の立体ビーズモチーフ

スポンサーリンク
作品紹介

私の作品は主に「うさぎ」と「テディベア」が多いのですが

他にも「犬」「猫」「ひよこ」「ゾウ」「アルパカ」など

色々な動物をモチーフにしています。

 

それぞれの動物の特徴を、より少ない数のビーズで表現するには

どこを誇張して、どこを引くか・・・悩ましいところです。

何度も編み直しながら作り上げていくのですが、作って行くと想像とは違うことが多々あります。

自分がその動物に描いていたイメージが、実際違っていたりといったこともあります。

画像をじっくり見てみると、思い描いていなかった場所に膨らみがあったり。

それを踏まえて作り直したら目指しているモチーフに近づいていくので、人の思い込みって面白いです。

 

この作品は「ちびっこ豆柴くん」です。

ぷっくりとしたほっぺにつぶらな瞳。

実際の豆柴くんは、ほっぺがぷっくりしているわけではないのですが、

小さな子供の雰囲気を出したくて、あえてこのデザインにしました。

作り慣れていない「犬」を作るのに一番時間がかかったのは

耳の位置と形です。

うさぎとクマも、毎回、耳の位置には苦労するのですが、

犬は丸っこい耳ではなく、中央が尖っているので、その形にするのに苦労しました。

尖った形は猫にも通じるのですが、猫はもう少し耳自体が大きい感じになります。

犬は小さな耳で尖っている・・・そんな感じです。

 

こちらの画像は「愛犬パグくん

パグは柴犬とはまた違って、フォルムが丸っこく、

耳も丸みを帯びています。

同じ犬でも、全く共通点の無い作りになっています。

パグは目が大きな印象なので、グラスアイパーツを使用しました。

大き目なきょとんとした表情が可愛らしいです。

お目目パーツを固定させるのが苦労した点です。

 

どちらのモチーフも作り方が面白く、

お買い上げ下さった方に大変好評です。

うさぎやくまのモチーフ以外の、ちょっと違うモチーフに挑戦したい場合、

ぜひ、犬のモチーフにチャレンジしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました