5粒ビーズボールの作り方 立体ビーズモチーフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5粒ビーズボール

4粒ビーズボールが作れるようになったら、今度は5粒のビーズボールに挑戦しましょう♪

4粒の時は立方体のイメージでしたが、5粒になると、しっかり「ボール」を編むイメージになります。

粒を増やしながら編んで、先を広げ、粒を減らしながら編んで、先を縮めていく。

モチーフを作る際に役立つ工程が詰まっています。

 

材料

シードビーズ 30粒

2号テグス 適量

 

レシピ

5tubu1

ひとつの面(ひとつの輪)が5粒のビーズで出来ています。

4粒の時と同様、1から順に編んでいきます。

 

5粒ビーズを作る時のイメージ

1で底を作り、2~6で粒を増やしながら側面下部を編みます。

工程1~6まで編むと、半球出来上がります。

5tubu25tubu5

次に7~11で今度は狭めながら側面上部を編みます。

その際、同じ面の2粒を拾うのではなく、隣り合わせた違う面の1粒1粒を跨ぐように拾って下さい。

5tubu3
5tubu4

図のように、面が互い違いになるようにします。

最後(12)は天辺の5粒を閉じ、テグスを処理します。

 

しっかりとしたボールを作りたい場合は、閉じてしまう前に中にパールやスキ玉(プラスチックの玉)を入れると良いです。

5粒ボールは、ネックレスやイヤリング等、ちょっとしたポイントとして使うのも良いですし、アイデア次第で色んなモチーフの元となります。

 

作り方の動画

4粒よりも工程が多いし、加えていくビーズの数が複雑です。

ぜひ動画で確認しながら並行して作っていただければと思います。

5粒ビーズボールの作り方 3D beading tuorial(ball)

コメント

タイトルとURLをコピーしました