4粒ビーズボールの作り方 立体ビーズモチーフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4粒ビーズボール

立体ビーズモチーフの基本中の基本。
4粒のビーズボール。
とても簡単!と今では言えますが、初めて作ろうと試みた時はかなり苦戦しました。
まず、平面図の読み方もよく分からなかったので、難解なパズルを解いているかの様でした。
なのでなので。
今回は、平面図と照らし合わせつつ・・・まずはイメージを掴んでもらおうと思います。

材料

シードビーズ 12粒(初心者は丸大ビーズから始めましょう)
2号テグス 適量

レシピ

これが4粒のビーズボールの展開図。

1~6の数字は、編んでいく順番(工程)を表しています。

立体ビーズモチーフの基本でご紹介した、ビーズを4粒テグスに通し、最後の一粒でテグスを交差する・・・の部分が1の工程で早速出て来ます)

4粒ビーズを作る時のイメージ

4粒ビーズボールの、4粒とは???

ひとつの面(工程)に位置するビーズの数が4粒。
ひとつひとつの輪が4粒で出来ているビーズボールです。
6面のサイコロをイメージしながら作っていくと分かりやすいと思います。
これを立体的なイメージで表現すると、
工程1は底の部分になります。
工程2は壁面のひとつ。
工程3は底の部分を移動しつつ、ひとつ横の側面へ。
工程4も隣の側面へ。
工程5で側面が出来上がります。
この時点で、蓋の無い箱の様な形に仕上がります。
工程6は側面の上に位置するビーズを全て拾い、蓋を閉じる形になります。
こんな感じで、立派な立体モチーフ完成です。

作り方を細かく解説

工程1

1-1・テグスにビーズを4粒通します。

1-2・最後に通したビーズでテグスを交差させます。

※テグスの端と端を持って、ビーズの輪を中央に移動させます。

工程2

2-1・右側(赤)のテグスにビーズを3粒加えます。

2-2・最後に加えたビーズでテグスを交差させます。

工程3

3-1・テグスが出ている方を上に向け
赤いテグスで隣のビーズを拾います。

3-2・青いテグスにビーズを2粒加えます。

3-3・最後に加えたビーズでテグスを交差させます。

工程4

4-1・テグスが出ている方を上に向け
青いテグスで隣のビーズを拾います。

4-2・赤いテグスにビーズを2粒加えます。

4-3・最後に加えたビーズでテグスを交差させます。

工程5

5-1・テグスが出ている方を上に向け、赤いテグスで隣のビーズを拾います。

5-2・青いテグスにビーズを1粒加えます。

5-3・先ほど加えたビーズでテグスを交差させます。

工程6

6・最後の1面を閉じる様に、3粒を拾って交差します。

テグスを処理して完成!です。

作り方動画

最初から完成まで、ノーカットです。

4粒ビーズボールの作り方 3D beading tutorial(ball)

画像編集なんて初めてのことだったので、なんともつたない映像ですが。
見ながら一緒に作ってもらえたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました